深夜電力を活用して経済的な大阪の電気式の給湯器

深夜電力を活用して経済的な大阪の電気式の給湯器の説明

深夜電力を活用する電気式給湯器

深夜電力を活用する電気式給湯器

給湯器で一般に最も普及しているのは燃料としてガスを使用する機種ですが、最近は電気を使用する機種も数多く使われています。

電気式給湯器の場合、昼間にお湯を沸かしているとガス式のものより燃料費が高くなってしまうために、電気料金の安い夜にお湯を沸かし、それを貯湯タンクにためておいて昼間使うという方式のものが人気のようです。

この方式ならばガス式のものよりランニングカストを抑えられる場合が多いようです。

また、最近はオール電化というお家も多く、そのようなお家では必然的にこの方式が多くなるようです。

大阪でも家を新築される方がオール電化を選ばれるケースが増えていたようです。

ただ最近は電力不足などがよく問題視されていますし、さらに大阪だけでなく関西はもともと原子力発電の比率が高かったために、よりその心配が大きくなるように思います。

ただオール電化ではなく電気式給湯器だけならば、余裕のある深夜の電力を使うので、かえって日中の省電力に貢献できると言えるかもしれません。

電気式給湯器のメリット

電気式給湯器は、燃焼式の給湯器のように給気したり、排気したりする必要がないので、設置場所の制限がそれらのものより少ないという利点があります。

また電気式は作動する時の音が小さいというメリットがあります。

これは住宅が密集している大阪のような街にはけっこう大きなメリットといえるかもしれません。

深夜に使ってもご近所迷惑になりにくく、未然にトラブルを防げるかもしれません。

大阪の給湯器サイト

また設置場所も排気が必要ないので場合によっては室内に給湯器を設置することも可能ですから、そうすれば外に作動音を漏れにくくすることも可能かもしれません。

またガス式のような配管工事が不要ですから、このことも設置場所制限を緩和しますし、工事費用も節約できることになります。

また深夜にお湯を沸かす方式が主流ですから、安い深夜料金で使用できるだけでなく、日中にそれほど電力は消費しないことになりますから、原発停止で電力不足が深刻と言われる大阪を中心とする関西地方でも特に気にかけることなく使えそうです。

Comments are closed.

© 2016 深夜電力を活用して経済的な大阪の電気式の給湯器